身体には【温める部位】と【冷やす部位】がある!

よくね、『身体は温かいほうがいい』って聞くじゃないですか^^

私もいつも言ってます。耳タコ~の人もお付き合いください。笑

 

身体の中は温かいほうがいい、体温は高いほうがいい、手足は温かいほうがいい。

 

これは紛れもない事実です。
身体の仕組みを考えたら、絶対にそう。

ミトコンドリアも酵素も免疫も血流も温かいほうがいいんだから。

 

でもね、実は、あまり温めない方がいい部位もあります☆

むしろ冷やしたほうがいい、という部位も。
「えーーー!」でしょ?^^

では、サクッと教えますね♬

1つ目は、【男性器】です。知ってる人も多いかな。

精子は細胞分裂が活発だから、さほど温かくない方がいいね◎
だから男性器は、身体の『外』に出ているんですね~

でも・・・前立腺肥大やがんなどは、やっぱり温めて治しますから
冷えているのが良い、というわけではありません。

体外にあるくらいがちょうどよいという感じでしょうかね^^;
必要以上の冷え(血流が悪い、ストレスなど)は良くないのでご注意ください☆

2つ目は、【脾臓】(ひぞう)。

左の背中側にあります。
胃の裏側、腎臓の上あたりですかね。こぶし小くらいの大きさです。

脾臓は血液(赤血球など)や免疫細胞(リンパなど)と大きく関わっています。

で、『脾臓は冷やしたほうがいい』と言われています。

だからもし、肝臓とか胃とか腎臓を温めることがあれば、脾臓は外してね~っていうお話。

臓器を温めるっていうと、有名なのはこんにゃく湿布とかだけど
今はカイロやレンチンして温めるものもあるじゃないですか、あれで臓器を温めるのもいいと思うんだけど
脾臓には当てないようにしてください^^

っていっても内臓は同じような場所にあるから、お風呂とかに入ると全部温まっちゃうよね^^;

サウナ、砂浴とか温熱療法とかもそうですね。
そしたら、あとから脾臓だけ冷たいタオルを当てたりして冷やすといいです◎

知ってるだけでも違いますので、頭のはしっこにでも置いておいてください~♬(*^^)♬

  

★おまけ★ ~脾臓ってどんな臓器?~

脾臓は胎児のころは血液をつくる臓器です(*‘ω‘ *)
生まれてからは ①古くなったり異常化した赤血球を壊す、②赤血球や血小板を蓄える、③必要に応じて赤血球や血小板を全身に送り出す、④リンパ球をつくる、⑤マクロファージ貪食機能を発揮させる などの役割があります。

なんか軽視されがちだけど、とっても大切な臓器なんですよね。
(大人になったらたいして必要ないです、って簡単に取っちゃう外科医も多いんですよね・・・)

オイオイオーイ( ;∀;)

 

深層リンパドレナージュサロン&スクールPierreBlanc
心とからだのセラピスト 白石かおり


 \深層リンパドレナージュを無料で体験!/
 詳細・お申込みはこちら⇒ スクール実技レッスンモデル募集中


 サロン風景・イメージ動画はこちら⇒ 動画を見る


インスタ・ツイッターはこちらから(⁎˃ᴗ˂⁎)っドゾ!

\健康情報・日常(子育て・食生活)など/
インスタ深層リンパドレナージュサロン&スクールPierreBlanc

\お客様の声・サロン情報 など/
Twitter深層リンパドレナージュサロン&スクールPierreBlanc    


ご予約/お問合せはサロン専用LINE@でも!
(1対1のトークのため個人情報が洩れることはありません)

友だち追加


 公式アプリDLでお得な情報やサービスをGET!

※上記でDLできないときは AppStore/GooglePlayにて[pierre blanc]と検索☆